腱鞘炎について

腱鞘炎について

腱鞘炎とは?

 

そもそも腱は腱鞘という鞘に包まれています。腱鞘とは、腱を包み、腱が滑らかに動くようにする組織で、腱は骨と筋肉をつなげる線維性の結合組織です。そして腱鞘炎とは、腱を包んでいる腱鞘と腱がこすれあって炎症が起きる事を言います。

 

その腱は腕から指まで束状に何本も通っており、腱のはたらきによって指の曲げ伸ばしや手首の動きが可能になります。そのため腱鞘炎は、パソコンやものを書く事など手指を使う事が多い人に発症しやすいです。

スマホの使用頻度や女性ホルモンの関係も

最近では、スマートホンの使いすぎによって腱鞘炎が起こってしまう人もいらっしゃいます。また、更年期の女性や妊産婦にも多く、女性ホルモンの分泌に関連すると考えられています。

 

発症しやすい部位は手首や指に多く、ド・ケルバン病とも呼ばれています。この症状を甘く見て放っておいてしまうと悪化し、日常生活の何気ない動作でも痛みを感じてしまうようになり支障が出てしまいます。

 

腱鞘炎の治療について

手首のテーピング

 

局所の安静や副腎皮質のステロイドの腱鞘内注入が保存療法の主体になります。

 

数回の副腎皮質ステロイド注入で疼痛が残存する場合や、弾発現象が残存する場合は腱鞘切開術を行います。また、手首を動かさないようにテーピングやサポーターを使って固定することもあります。

 

この固定期間が長くなりすぎてしまうと関節の拘縮などが起きてしまい、可動域が制限されてしまうこともあります。

 

腱鞘炎の治療は当院へお任せください

当院へお任せください

 

当院ではどのような施術をしていくのか?まずは問診でどのような状態なのか、どういった動作で痛みが出るのかなど症状を確認させて頂きます。

 

その後、現在どういった状態なのかを説明させて頂き、施術に入っていきます。まずは立態動体波を使って腱の炎症を抑え、周りの硬くなっている筋肉をほぐしていきます。

 

症状が強く出ている場合にはテーピングや、ギプスを巻いて固定することもあります。腱鞘炎は甘く見て放っておくと手術をしなければならないこともあります。腱鞘炎は早期の治療が必要になるので、腱鞘炎かなと思った方は当院にご相談ください。

各種保険も適応できます!

お得なキャンペーン!

まずはお気軽にお問い合わせください

電話予約
ネット予約
 栄光接骨院LINEバナー  
 
 栄光接骨院LINEバナー  
時間

接骨院内の様子をご覧いただけます

栄光接骨院へのアクセス