手根管症候群について

手根管症候群について

手根管症候群とは

手首には『手根管』と呼ばれる骨や靭帯で構成されたトンネル状の部分があり、そのトンネル内を腱や神経が通っています。その中を通過するものに『正中神経』という重要な神経があります。

正中神経のはたらきとして、前腕を内側に回す運動(回内)、手首や指を曲げる運動(屈曲)、親指を手のひらに垂直に立てる運動(外転)、親指と小指をくっつける運動(対立)などがあります。

 

また、親指、人差し指、中指全部と薬指の親指側半分のそれぞれの手のひら側部分の感覚を支配しています。手根管症候群は、その手根管の周囲や中の組織が腫れたり、腱の炎症(腱鞘炎)によって正中神経が圧迫されて起こります。

手根管症候群の症状


 

症状は親指、人差し指、中指、薬指の親指側半分の痺れと感覚低下があり、早朝に特に痺れが強くなります。また、手首から手指に痛みが出ることもあります。

短母指外転筋麻痺

短母指外転筋麻痺が生じるとつまみ動作ができなくなり、親指と人差し指で丸を作るように指示してもいびつな形になります。(perfect-O)

ファーレン徴候

母指球筋の筋力低下と委縮が起こり、チネル徴候やファーレン徴候が陽性になります。

手根管症候群の治療

保存療法が中心となり、原因となる動作の中止と局部の安静を行います。改善されない場合、症状が酷い場合は観血療法で横手根靭帯の切開を行います。

栄光接骨院の治療方法

腫れている組織など炎症を起こしている部位や痛みの出ている部位に、立体動態波という特殊な電気をあて、痛みの軽減や神経への圧迫の軽減を行います。

手根管症候群でお悩みなら当院へお任せください

手根管症候群でお悩みなら栄光接骨院にお任せください。症状へのアプローチだけでなく影響を与えている前腕の筋群の緊張を緩めたり、トムソンベッドと言う矯正専用のベッドを使用し、痛み無くからだの歪みを整え、患部に負担のかかりにくいからだ作りをサポートさせていただきます。

 

また、自宅で行うことのできる運動やストレッチの指導もさせていただきます。まずはお気軽にご相談下さい。お待ちしております。

お得なキャンペーン!

まずはお気軽にお問い合わせください

電話予約
ネット予約
 栄光接骨院LINEバナー  
 
 栄光接骨院LINEバナー  
時間

接骨院内の様子をご覧いただけます

栄光接骨院へのアクセス