単純性股関節炎について

単純性股関節炎について

単純性股関節炎とは

単純性股関節炎は小児の股関節痛の1番多い原因です。通常1〜2週間程度の経過観察あるいは安静にて治癒するためobservation hipとも呼ばれます。

 

その原因として、外傷、感染、アレルギーなどの説がありますが、はっきりとした原因は不明です。非特異性滑膜炎と考えられています。ほかの重要な疾患であるPerthes(ペルテス)病、化膿性股関節炎などとの鑑別が重要となります。

好発年齢・性差

 

発生年齢は、そのほとんどが3〜10歳(平均6〜7歳)であり、3:2〜5:1で男児に好発します。通常単関節(一つの関節)に発症し、両側同時発症や、多関節発症例はありません。

単純性股関節炎の症状

主な症状は股関節痛であり、大腿の前・内側から膝にかけての痛みを訴えることが多いです。異常歩行を主訴とすることも多く、症状の強い場合には歩行困難例もあります。患者の患肢は外転・外旋位をとり、ときに見かけ上で患肢が長くみえます。関節可動域は軽度〜中等度制限されます。

 
屈曲位での内旋が制限されるのが特徴的であります。そのほか外転・伸展が制限され、屈曲拘縮を示し、微熱を認めることがあります。血液所見などの検査所見は通常正常値を示します。

レントゲン所見


単純X線像で骨の異常はありません。関節液の貯留により関節包陰影が上・外側に膨隆します。

貯留が著しくなると大腿骨頭の側方化が起こり、内側関節裂隙の拡大が認められます。

エコー検査やMRIで関節貯留が明らかになります。

鑑別診断

Perthes病、化膿性股関節炎、股関節結核などの初期像との鑑別が非常に重要です。

Perthes病の初期とは鑑別がつかないことが多いため、2〜3ヶ月X線学的経過観察が必要です。

化膿性股関節炎とは炎症症状の有無、血液学的検査値の異常で鑑別出来ますが、不明な場合には積極的に関節穿刺を行い鑑別します。

当院の治療方法

安静によって2〜4週間で改善します。症状が強い場合には、入院となり、ベッド上安静、牽引などを行います。

単純性股関節炎は当院へお任せください


股関節の動き、どの動作で痛みが出るのかを診ていきます。あまりに症状が酷い場合は、一度病院を受診して頂きます。

症状が軽い場合は立態動体波を使って股関節、股関節周りの筋肉を緩めていきます。また、徒手でもストレッチやマッサージ、可動域訓練を行い股関節周囲の筋肉を緩めていきます。

股関節周囲の筋肉を緩めることで股関節への負担が軽減します。トムソンベッドを使って骨盤のズレを整え股関節への負担を軽減させます。単純性股関節炎、その他お身体のお悩みは栄光接骨院にお任せください!!

お得なキャンペーン!

まずはお気軽にお問い合わせください

電話予約
ネット予約
 栄光接骨院LINEバナー  
 
 栄光接骨院LINEバナー  
時間

接骨院内の様子をご覧いただけます

栄光接骨院へのアクセス