梨状筋症候群について

梨状筋症候群について


梨状筋は臀部にある筋肉の1つで、その下を坐骨神経が通っています。坐骨神経は腰から臀部、太ももの後ろを通り、枝分かれしながら足の先までつながっています。梨状筋に負担がかかり筋肉が硬くなることで坐骨神経が圧迫され、臀部や太ももの裏に痛みやしびれが出現することを梨状筋症候群と言います。

 

梨状筋症候群の原因


原因として梨状筋を含む臀部周囲の筋肉の筋力低下や日常生活やスポーツでの負担で梨状筋が固くなってしまいます。特にサッカーやランニングなどの股関節を良く動かすスポーツでなり易いです。また姿勢が悪い方は臀部、腰部に負担がかかりやすく臀部、腰部の筋肉が固くなり易いです。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの疾患でも梨状筋症候群と同じように臀部や太ももの裏に痛みや痺れなどの症状がでるため、なにが原因なのかを鑑別することが大切です。
 

梨状筋症候群の治療


治療として当院では特殊な電気を使用し、梨状筋とその周りにある臀部の筋肉を緩めていきます。また梨状筋を徒手にてストレッチとマッサージを行い血液の流れを改善し、しっかりほぐしていきます。姿勢の悪い方には姿勢評価システム「ゆがみーる」にて姿勢のチェックも行います。その後トムソンベットを使用した骨盤矯正を行い、姿勢を良い状態にしていきます。

また臀部周囲の筋力の筋力強化を行うことで梨状筋や臀部全体の筋肉への負担の軽減になり再発予防にもなります。またご自宅で行うセルフストレッチの方法やスポーツを行う方は負担のかかりにくいスポーツ動作の指導も行っていきます。
 

梨状筋症候群については当院にお任せ下さい


当院はお客様一人ひとりに合わせた施術方法で、痛みや痺れの原因をしっかり分析し、あなたのお悩みを改善するサポートを行います。辛い梨状筋症候群にお悩みの方は、岡崎市の栄光接骨院にお気軽に相談してください!。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

まずはお気軽にお問い合わせください