腰椎分離について

 

若いスポーツマンに続出!?腰椎分離とは

 

腰椎椎弓を構成する上・下関節突起の間の関節突起間部の連続性が断たれた状態(背骨は前にある本体の椎体と後ろにある椎弓で構成されていて、椎体と椎弓が疲労骨折を起こし、分離してしまった状態)をいいます。

 

多くの症例では青少年期の過度のスポーツが原因と考えられることから、青少年における腰痛の原因疾患の1つとして重要です。多くは第5腰椎に発生し、稀に第4腰椎にも起こります。

 

患者は男の子が大多数を占めている腰椎分離症

青少年の約10%にみられます。スポーツの種類によって異なりますが、スポーツ愛好家や選手では一般の青少年の約3倍の発生率があると言われています。

 

これらのことから、最近は成長期での活発な運動、特に腰椎の過度の伸展や屈曲による荷重が関節突起間部に繰り返し加わって生じるストレス骨折(疲労骨折)と考えられるようになっています。

 

 

姿勢が悪いなと自分で気づき、普段、姿勢を良くしようとしても段々といつのまにか戻たり、身体に負担がかかってしまい痛みの原因になります。

 

したがって、分離部の組織所見は骨折の偽関節に近似しています。

分離した椎体と椎弓はそれぞれ安定性を失います。

 

 

すぐ尾側の椎間板が変性すると、椎体は前方へすべり出し、腰椎分離症となります。

 

腰椎分離症の症状とは

症状としては、腰の痛みは当然ありますが、おしりや太ももにも痛みが出たりします。
痛みが出る動きは、体を後ろに反る動きや、体幹を回旋することで出現します。

 

そんな腰痛分離症の一般的な治療法は?

 

青少年の腰椎分離症は、腰痛が生じて間もなくであれば保存的治療による骨の癒合が期待できます。

すなわち、スポーツ活動を少なくとも6ヶ月間中止してもらい、硬性コルセットをしっかり装着してもらいます。

 

 

急性期を過ぎて骨癒合が期待できない場合には、腰痛が支障とならなければ、スポーツ活動を必ずしも禁止する必要はありません。選手の環境に配慮して薬物療法やブロック療法を用いる治療も考え、必要があれば病院に紹介して適切な治療を受けていただきながらスポーツ活動に参加してもらいます。

 

成人の方が発症した場合

 

成人の腰椎分離症は、保存的療法によって分離部の癒合はえられません。しかし、腰椎分離があるから腰痛が必ず出るというわけではありません。

痛みがない場合、あるいは痛みが軽度の場合には、仕事やスポーツ活動を必ずしも禁止する必要はありません。

 

 

痛みが強く出ていて、慢性の経過をたどって日常生活やスポーツ活動に支障がある場合には、手術が適応になります。青少年で椎間板変性の認められない症例には、椎間可動域を温存できる分離部固定術が良い適応です。

 

腰椎分離症は栄光接骨院にお任せください!!!

 

まずはどこに痛みがあるのか、どの動きをすると痛みが出るのかなど患者様のお話をしっかりと聞かせて頂き、どうしてこの痛みが出てしまっているのかを分かりやすく説明させて頂きます。

 

そこからどのくらい損傷しているのかを確認し、損傷の程度が強い場合は必要に応じて病院に紹介させていただきます。

 

当院で治療をしていく場合はまず立体導体波を使って炎症を抑え、原因になっている筋肉をアプローチしていきます。

 

 

また、トムソンベッドというベッドを使用して身体の歪みを整え、筋肉の緊張を取り除いていきます。

 

また、予防としてお腹・腰回りの筋肉を強化することで、痛みの出にくい体を作っていくこともできます。その筋肉強化のトレーニングもしっかりと指導させていただきます。

 

 

 

分離症と言われた方、腰痛のある方を早期にスポーツ復帰出来るように栄光接骨院は全力でサポートさせて頂きます!!!!

まずはお気軽にお問い合わせください

電話予約
ネット予約
 栄光接骨院LINEバナー  
 
 栄光接骨院LINEバナー  
時間

接骨院内の様子をご覧いただけます

栄光接骨院へのアクセス