アキレス腱周囲炎・アキレス腱炎について

アキレス腱周囲炎・アキレス腱炎について

アキレス腱周囲には血行の豊富な腱傍組織(パラテノン)があり、長距離ランニング、ダッシュ、ジャンプなどによる繰り返し負荷による使い過ぎた場合に炎症を起こします。

発症の平均年齢は肉離れより高く、加齢による腱の変性が関連しています。

アキレス腱周囲炎・アキレス腱炎の症状

運動始めや運動後にアキレス腱またはその付着部に痛みが生じます。足関節の他動背屈、抵抗下自動底屈で痛みがでて、圧痛や腫脹がみられることもあります。

足関節背屈にやや制限があり、自動運動時にギシギシと感じることもあります。靴が合っていない、筋肉の柔軟性低下などが原因となります。

アキレス腱滑液包炎(ハグルンド病)とは

滑液包とは筋や腱が骨、軟骨、靱帯などに接する隙間にある扁平な小さい袋状のもので、滑膜(関節包や腱鞘の滑膜と同じ物)からなります。

袋の中には少量の滑液があり、周囲の組織との摩擦を軽減する役割があります。

滑液包は筋の付着部の特に関節の近くに多く存在しています。

アキレス腱停止部近位後方にはアキレス腱皮下滑液包があり、前方には踵骨後部滑液包が存在します。

 

踵骨後部滑液包の前方には踵骨後上方隆起があり、これが大きいと足関節背屈時(足の甲側に足首を曲げる)に靴のヒールカウンターとの間で、アキレス腱皮下滑液包や踵骨後部滑液包が摩擦あるいは圧迫されて炎症を生じることがあります。

足の縦アーチが高い人に生じることが多いと考えられています。

アキレス腱滑液包炎の症状

アキレス腱付着部の圧痛、歩行時痛があり、革靴やスパイクなど足に合っていない靴により症状が増悪することがあります。
アキレス腱付着部に母指頭大の腫瘤がある場合もあります。

アキレス腱滑液包炎の治療

治療は炎症を抑えることが大切です!

当院では、立体動態波という特殊な治療機器を使い、炎症を抑えて痛みをやわらげていくだけではなく、今後また痛みが出ないような体作りも一緒にすすめていきます。

アキレス腱炎でお悩みの方は当院へお任せください

アキレス腱炎でお悩みなら栄光接骨院にお任せください。

当院は、“痛みを無くすのは当たり前”という考えの元、痛みが出にくい身体づくりのサポート等、患者様と一緒に次のステップを目指します。“本気で治したい”、“どんな治療院に行ってもよくならなかった…”そんな患者様にこそ、是非栄光接骨院に来ていただきたいと思っております。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

お得なキャンペーン!

まずはお気軽にお問い合わせください