むちうちについて

むちうちについて

むちうち損傷とは

交通事故などによる頚椎の損傷機序をいうものですが、頚椎の急激な過伸展、過屈曲による障害で、骨折・脱臼を除く頚部の筋肉・靭帯・神経・血管などさまざまな損傷が考えられます。

バレ・リーウー症状とは?

臨床的には頚椎捻挫、根症状型、頚部交感神経症候群(バレ・リーウー症状)型、混合型(根症状型とバレ・リーウー症状型の混合)、脊髄症状型に分類することが多いです。

むちうちの分類

頚椎捻挫型

むちうち損傷の軽度のもので約80%を占める、胸鎖乳突筋・前斜角筋・僧帽筋・菱形筋・棘上筋・棘下筋・大胸筋などの損傷や椎間関節の捻挫による痛みや・圧痛・運動時痛がみられ、「寝違え」の症状に似てます。

 

感覚異常や頭が重い、頭痛、項部痛、上肢の疲労や脱力感などの不定愁訴を主体としますが、二次的に発症した前斜角筋症候群の症状として前腕と手のC7、C8領域に感覚異常がみられることがあります。

根症状型

椎間孔内外における神経根の圧迫。
頭部から上肢まで神経症状がでて、咳、くしゃみ、頚椎の過伸展、側屈回旋により症状が増悪します。

 

他覚的には、分節性の感覚異常、深部反射の減弱、筋力の低下の他、スパーリングテスト、ジャクソンテストが陽性になります。

頚部交感神経症候群(バレ・リーウー症状)型

頚椎損傷に際し、頚椎交感神経が緊張。
頚椎交感神経節の枝である椎骨動脈神経の緊張に伴う椎骨動脈の攣縮とその分布領域の症状として起こるものと解釈されてます。

 

他覚所見はほとんどなく、後頭部・項部痛、めまい、耳鳴り、視力障害、顔面・上肢・咽喉頭部の感覚異常、夜間上肢の痺れなどの不定愁訴が主体です。

混合型

根症状型とバレ・リーウー症状型との混合。

脊髄症状型

頚椎の脱臼骨折を合併した場合や頚椎症・後縦靭帯骨化症を伴う場合には、脊髄症状を呈することがあります。症状は下肢よりも上肢に著明にでます。

むち打ちについては当院にお任せ下さい!

一言で「むちうち」と言って上記のように色々と分類があります。
栄光接骨院は事故施術を行っています。患者様それぞれ痛みや症状が違います。

 

患者様にあった施術内容を考え施術させて頂きます。また、栄光接骨院は事故のことをしっかり勉強しておりますので、事故についてわからない事や気になることがあればなんでも聞いてください!

お得なキャンペーン!

まずはお気軽にお問い合わせください

電話予約
ネット予約
 栄光接骨院LINEバナー  
 
 栄光接骨院LINEバナー  
時間

接骨院内の様子をご覧いただけます

栄光接骨院へのアクセス